蒼色格納庫

気の向くままに、ゆっくりと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

教習6~10日目(12/24~12/26、12/28、12/29)

更新忘れがあったので、一気に。
……というか、流石に日が過ぎると内容を忘れてしまう;
とりあえず、印象に残ったことだけを記録するとする。

 28日くらいだったと思う。また、あのリーゼントの教官が担当になった。
この前、この教官に教わったので、安心して運転できるだろう と
思っていた。だが、決定的な弱点である「安全確認の徹底さ」が、まだ
治りきっていなかった(だろうと思われる)自分の心の中では、きっちり
やっているつもりだったので、だんだんとイライラ感が溜まっていた。


 教官が突然、止めろ と言ったので、やむなく停車した。今度は何だ と
嫌々しながら耳を傾けた。が、どうやら先程とは雰囲気が違う と悟った。
話の内容までは覚えてないが、厳しい喝を入れてもらった印象があった。
そして、教官の「十分に安全確認が出来なければ、安全確認の意味がない。
それが出来なければ、やるな」という言葉が心に残っている。
気がつくと、目には無意識に涙が浮かんでいた。が、ここで泣く訳には
いかなかったので、なんとかこらえた。


 あれから結構な時間が流れたが、今でもその言葉は心に刻まれている。
今はまだ完全に理解できてないかもしれないが、何れこの意味を深く理解
する時が来るのだろう……。そう思いながら、日々を過ごしていくR・F・Sです。

教習 | コメント:0 |
<<教習11日目(1/5) | ホーム | 新年明けましておめでとうございます>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。