蒼色格納庫

気の向くままに、ゆっくりと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

教習3日目(12/21)

 今日は、学科を2時限受けるだけの予定だったが、急遽
技能の授業を取る事が出来た。今回から、AT車ではなく
MT車に乗るので、緊張感と不安で一杯だった。
MT車はAT車に比べ、て、かなりクセがあると祖父から
聞いていたので、余計に緊張していたのだろう。


 まずは、助手席に乗って今回の授業の内容を確認。
クラッチを踏まずにエンジンをかけてしまうと、いきなり
発進してしまったり、クラッチを十分に踏まずにブレーキを
かけてしまうと、エンストを起こしてしまう事など、
覚える事が多くてとても大変だった。


 特に、MT車では重要な「半クラッチ」。どの辺が半クラッチの
位置なのか、なかなか把握できず、緩やかな発進が出来なかった。
それでも、なんとか半クラッチの位置を覚える事が出来た。


 この後は、2時限連続の学科。もう、この時期になると
辺りは真っ暗。帰るときには、真夜中同然だった。
帰りは、教習所から出ている送迎バスを使った。


 初めてMT車に乗れて、とても充実していたが、同時に
問題点も多く残った1日となった。よく復習して、
次の機会に生かそうと思った。
教習 | コメント:0 |
<<教習4日目(12/22) 教習5日目(12/23) | ホーム | 自動車教習 1日目 2日目>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。